とりあえず 発信してみることから

こんにちは 管理人のウサギです

 

 

えっと・・春ですね!

このブログ、「すっかり秋ですね〜」やら「春ですね!」やら・・季節ごとの挨拶で始まるパターンが増えているような・・しまいには 季刊誌のように「ウサギのひと工夫 春号」「・・夏号」のような更新頻度になってしまわないように(笑)気を引き締めてまいります!

 

大雪過ぎて うんざりしていた冬を越え、3月に入ると するする〜と雪が溶けていき、今ではすっかり顔を出した田畑・・

今年も出してみました。

 

「堆肥はいかが?」チラシ〜

 

 

効果はてき面で、朝刊に折込チラシが入った当日から 続々とご注文をいただいております。

“とりあえず 発信してみる” ことって、大切ですね。

 

”とりあえず 発信してみる” 第二弾で、今年は アルバイトさんを募ってみようかと考えています。

2年ほど前から、堆肥とオガクズの運搬作業は、二人のアルバイトさんの力をお借りしているのですが、今回は『牛舎内のお仕事』の募集に 初チャレンジしようと思っているのです。

 

どこの牧場も 慢性の人手不足で「ハローワークや 求人サイトに登録しても、人が集まらないよ・・」と 聞いているので、簡単ではないだろうな、と覚悟しています。

 

酪農の仕事は、朝早くて 夜遅いので、その条件だけで 十分キビシイもの・・

でもね、その時間だからこそ 都合がいいんだ〜!という方がいるかもしれない。

人生いろいろ ですから、

”とりあえず 発信してみる” 

ですね!

 

まずは、折込チラシから 始めてみようと思っています。

 

久しぶりのブログ更新ですので ざっくりと近況報告を・・

 

・『路線地図上 歩いて日本一周』は、群馬県から栃木県に入りました

・FP(ファイナンシャルプランニング技能士)2級 なんとか合格しました

 

それぞれについては、また改めて書きますね〜

 

今年も、やりたいことがいっぱい!!

 

・酪農仕事を俯瞰して新しい方法を試していく(生産性を上げる)

・いろんな分野の本を読む

・我が家のライフプランニング表 完成させる(FP・・っぽい)

・英語勉強(英語で 世界のニュースを知りたい、海外旅行を楽しみたい)

・家族の写真、印刷会社でアルバムにしてもらう

・家族の動画、編集してDVDなどにする

週1くらいは、まじめに料理する

Mac買い換えたい・・

ルンバも欲しい・・

 

最後の方は ただの欲しいものになってますが(笑)

 

メガネくん(主人)に「Macが欲しい〜!」と言ったら、マクドナルドのことだと思われました。ポテトLサイズの販売も 無事に再開されたしね〜♪

 

・・いえ、パソコンですっ!

で、買い換える前に、写真や動画データを取り出してしまいたい!ということなんです。

やり方を調べることから始まるので、時間かかりそうだな・・

その時間を確保するためには、

酪農仕事の生産性を上げなければねっ!

 

 

というのは冗談で、

本当は・・(他の業種同様)酪農業界も結構なピンチですので、目先のことでなく 先を見据えて、いろいろな方法を どんどん試していかなきゃいけない、という思いからです。

 

様々な要因から、エサをはじめとする コストの上昇が 昨年から右肩上がりで続いているのですが、牛乳価格は据え置きされています(ただでさえ、コロナの影響を受けて 牛乳が余りがちなのに、値上げすると ますます消費が下がり 牛乳の処理に困る・・と牛乳業界が心配しているからです)

 

コストのうち、大きな割合を占めるエサ代の上昇は 農家にとって大打撃。大規模経営の農家さんほど、本当に 苦しい状況だと思います。現在の世界情勢の影響は まだ反映されていないので、これから さらに厳しくなっていくはずです。

農家さん負担で いつまで持ちこたえられるのかな・・

 

日本では、牛乳、卵、米、野菜など・・当たり前のように 質のよいものを 安定的に 安く買うことができます。外食以外の食料品の消費税が8%に据え置きされたのも、「食」は 生きていくのに欠かせないものなので、国民に負担をかけないように・・との配慮なのでしょう。だからこそ、農作物の値段を 適正なものに 近づける努力をしないと、魅力のない農業に後継者がいなくなり 廃業が相次ぎ(ここまでは すでに進行中)、いつか スーパーの棚が品薄になったり、逆に ものすごく値上がりしたりして、結果として 国民の生活に響いてしまうのではないかな・・?

 

そうならないためにも・・

牛乳を1本でも多く飲んでくださると助かりま〜す!

(ヨーグルトなどでもいいで〜す)

 

広大なネット社会の片隅で、

とりあえず 発信してみました。

コメント