大福の牧場見学リターンズ

こんにちは 管理人のウサギです。

 

昨日は、保育園に通う 大福(長男 4歳)たち年少クラスの遠足でした。

 

そして、昨年に引き続き、ウサギ家の牧場へも遊びに来てくれました。

 

以前にも ブログで書いたことがあるのですが、大福は牛が苦手です。家と牛舎の場所が離れていることもあり、大福を 牛舎に慣れさせていないからなのですが、がんばって連れて行ったとしても絶対牛舎には入らなくて・・。入らないと言ったら入らない!頑固坊主なのです。

 

担任の先生から「今年も、遠足で牧場へ伺いたいのですが・・」とお話をいただいた時、1年前の牧場見学の様子を先生に話して、みんなが・・というより大福が一番心配です(汗)と伝えたところ、先生が大福に話しかけてくれました。

 

(1年前の大福たちの牧場見学 ↓ )

牧場見学 園児のおともだち向け
牧場見学は、来てくれる人の年齢や目的に合わせて内容を変えています。娘の通う保育園のお友達が来てくれた時の様子を振り返ってみました。

 

先生「大福ちゃん、今度の遠足で 大福ちゃんちの牛さんを見せてもらおうかな、と思ってるんだけど、牛さんのお家に行ったら、大福ちゃん みんなを案内してくれる?」

 

 

無言で「うん」と 大福。おー!成長してるのかも?

 

でも、家へ帰ってくると、

大福「大福さぁ、子どもたちに『うしモ〜さん、怖くないよ〜』っていうの。そして、大福は窓から見とるの」

 

おやおや? 雲行きが怪しくなってきたぞ。

 

そして迎えた、遠足当日。

牧場の案内役として、メガネくん(主人)と私で みんなを迎えます。

まずは、メガネくん自作の「ウェルカム紙芝居」。アイスクリームやヨーグルト、チーズなどみんなの好きな食べ物にも牛乳が入っていること、その牛乳は 今から見る牛さんたちのおっぱいから出てくること、いのちといのちをつなぐ大切な飲み物なんだよ、などをお話して

 

 

いよいよ 牛舎へ入り 実際に子牛に触れてもらうことに。

 

この紙芝居の流れで、ホルスタイン(いわゆる 白黒カラーの乳牛)の子牛が適役なのですが、このところ 和牛子牛の誕生が続いているので、ホルスタインの子牛だと 一番最近生まれた子でも8月生まれなんです(汗)、2ヶ月も経っているので結構大きいんですよね・・大福、大丈夫かな?

 

メガネくんが、子牛をかかえて押さえているところを、二人ずつなでてもらいます。

 

「あったかかった」

「ふわふわだった」

「つるつるしてたよ」

 

 

大福たちの番になりました。ピタッと足が止まり、声をかけても 押しても引いても動かない。と、とりあえず順番の最後へ回ってもらおうか!

 

先生 「この子牛には名前があるんですか?」

ウサギ「ナスです。団子が付けてくれまして・・」

先生 「ナスちゃんかぁ」

 

そう、この子は 団子(長女 6歳)が夏休み中、牧場へお手伝い(?)しに来てくれた期間に誕生した子牛。ウサギ家では、あいうえお順で子牛の名前をつけているのですが、この時は「ナ」から始まる名前を付ける番でした。

 

ウサギ「『ナ』から始まる名前、何がいい?」

団子 「ナス!」

 

 

団子のイメージは、完全にコレ( ↑ )だと思うんだけど、ナス・・那須高原と考えたら、酪農が盛んで緑の牧草地が広がる風景、ロイヤルファミリーもご静養に訪れる静かで清々しいイメージ・・(意外に)いいねぇ!となったのです。

 

 

さて、そのナスちゃんに触る順番が 再び回ってきた大福たち。

先生が優しく誘導してくださったおかげで、大福がナスちゃんに触ってるじゃ〜ありませんか!事情を知っている他の先生方と顔を見合わせて、静かにガッツポーズしました。

 

大福「かわいかったね」

 

 

そのあと、牛さんたちがずらりと並ぶエリアへ。といっても、3分の2ほどの牛さんたちは放牧に出かけているので、牛舎内はがらんとしています。勢ぞろいの時より 圧迫感が少ないので大福にもちょうどいい♪

 

みんなが 牛さんたちへ草をあげるのを楽しみ始めたころ、大福の「もう、こっから出る〜」が始まりました。仕方ないので、大福を抱っこしてみんなの後をついていきます。

 

 

大福「もっと、端っこ歩いて〜」

 

これにて 大福の牧場見学(2年目)、終了です(笑)

 

この日の夕方、保育園へお迎えに行った時、牧場見学の様子を知らない先生とお話をしました。

 

先生 「今日は大福ちゃんちの牧場へ行ったんでしたね、楽しんでましたか?」

ウサギ「大福、ずっと抱っこしてました(汗)」

先生 「わぁ!抱っこできるなんて、すごい♪」

ウサギ「・・あ、私が大福を抱っこしてたんです。あまりに怖がるので(笑)」

先生 「あぁ(笑)!てっきり大福ちゃんが牛を抱っこできるほど慣れてるんだ〜と思って」

 

私が 主語を省いて話すから、先生が ものすごくいい勘違いをしてくださったよ(笑)

 

 

こんな日は、くるのかなぁ?

コメント

  1. ハナ より:

    久しぶりのコメントです(*´∇`)ノ
    おぉー‼
    大福ちゃん牛さんをついに触ったんですね(^o^)
    前はバスの中で見ていただけだったとか(笑)
    これから牛さんともっと仲良くなれると良いですね\(^o^)/
    影ながら応援しています★*☆♪

  2. ウサギ より:

    ハナさん

    そうなんです♪
    まずは、大福がみんなと一緒に
    牛舎に入れたことが(おお!)だったのに、
    子牛を触ることまで(>▽<)!!
    大進歩ですよね。

    いまだに、
    「大福 あのちっちゃいうしだけ好き」
    と言っています。
    実際に触れると、親しみがわくのかな。

    大福ほどじゃないけど、団子も年少さんの頃は
    ウシを怖がっていたのに、
    今ではすっかり慣れました。
    そういえば、私もでした(笑)!

    だから 大福もきっとそのうちにね・・(^ー^)