自分にとってのお気に入り(長靴)

こんにちは 管理人のウサギです

 

 

朝ドラ「なつぞら」で、なっちゃんが 長靴を買ってもらうシーンがありました。よかったね、足元が快適だと 仕事に集中できますね。

 

私は 13年ほど前、ちょっとだけ(ホントちょっとだけ)酪農仕事のお手伝いをしていた時、酪農作業中の気分が上がるように・・と、フランスのアウトドアブランドの長靴を履いていました。色や飾りが素敵、形もシュッとしていて、この大切な長靴が汚れないように・・牛さんのフンなんて踏まないように・・と、気をつけて歩いていたものです(作業用?・・笑)

 

それから、妊娠・出産・子育てを経て、10年ぶりに酪農作業を再開することになりました。大切に保管していた アウトドアブランドの長靴。久しぶりに箱から出してみたら、ゴムが劣化したのか 古ぼけた印象に・・。しかも 履いてみると窮屈でした。私は、甲高幅広で サイズも大きめの足なので、シュッとした海外製の長靴に合う足ではなかったのです。雰囲気に惹かれて、多少の窮屈さには目をつむりつつ履いていたのですが(そういえば 脱ぎ履きも大変だったよなぁ〜)と思い出して、その長靴を すっぱり諦めることができました。

 

快適さが一番だもの!

年を取るにつれて、身につけるものが デザインより快適さ重視になっています。

 

また、先輩酪農家さんの「牛さんに足を踏まれた」という体験談から、靴の先端に鋼が入った「安全靴」タイプの長靴を買うことにしました。

 

いざ、ワークマンへ!

 

長靴コーナーへ行くと、同じような見た目の「鋼入り長靴」がズラリと並んでいます。とりあえず、ひとつ試し履き。

 

(・・ん?鋼部分に ちょっと違和感あるかな。そのとなりのは?)

 

いくつか試し履きしてみると、それぞれ履き心地が全然違う!

素材のやわらかさ、しゃがんだ時 金属部分が足に当たるか当たらないか、重さ、長靴の深さ、歩いてカポカポしないか・・など念入りにチェック。つなぎ牛舎では、搾乳作業で完全にしゃがむので、しゃがんだ時の楽さを一番に重視しました。

 

(やっぱり これかな!)

 

(ワークマン公式オンラインストアより SB3122 弘進セーフティブーツ)

 

鋼入りの割には、軽くて柔らかいところがお気に入りです。冬用にも、こちらのメーカー(弘進ゴム)さんの冬用タイプが 一番しっくりきました。ただ そのまま履くと、ちょっとカポカポするので、ゴム製で厚めのインソールに クッション製のあるメッシュ素材のインソールを重ねて、サイズ感と快適さを調整しています。

 

 

ちなみに、家族の中で「鋼入り長靴」を履いているのは私だけです。普通の長靴の方が軽いですからね。作業にも慣れてきたし、牛さんの動きに気をつければ大丈夫かな・・なんて思ったこともありましたが・・

 

昨年 ついに

 

 

「牛さんに足を踏まれる」デビューをしました!

びっくりして ちょっとうろたえましたが、鋼部分が足先を守ってくれてセーフでした!牛さんは思わぬ動きをすることがありますし、心配事をひとつ減らすために 引き続きこの長靴のお世話になろうと思います。お値段は、以前のアウトドアブランド長靴の10分の1ほど。これで 快適さと安全が両方得られるなんて嬉しいな♪

 

この長靴は 『私にとってのベスト』で、どんな長靴が合うかは もちろん人それぞれですね。長靴でなくても、例えば パソコンのマウスとか 書きやすいボールペンとか・・自分にスッとなじんで 気分良く使えるものがあるはず。

 

そういった「マイベスト♪」を、ひとつでも増やして 気分良く働きたいものですね〜。

コメント