今年の放牧のふりかえり & ヌーの小移動リターンズ

こんにちは 管理人のウサギです

 

 

今シーズンの牧草作り・放牧が終了しました。

ウサギ家の牧場の放牧地は、もともとスキー場のゲレンデなので、これから冬に向けて、電牧柵の撤去(針金を外し、支柱を倒す作業)をしていくことになります。

 

 

 

今シーズンの放牧を思い返せば・・

いろいろなことがありました。

 

 

雷雨にびっくりした牛さんたちが、柵を壊して牛舎に 自ら避難していたこと。

雨宿り
私もカミナリは怖いから、気持ちは分かるよ・・

 

 

 

放牧デビューして、はしゃいじゃってる和牛の子たちを迎えにいったこと。

モ〜 帰る時間だよ〜
お迎えに行く度に 毎回言ってるような気がする・・

 

 

 

放牧中に怪我をして戻ってこないオランジーナちゃんを助けに行ったこと。

帰ってこないオランジーナちゃん(1)〜放牧での出来事〜
胸騒ぎがする・・
帰ってこないオランジーナちゃん(2)〜放牧での出来事〜
奇跡を信じたい!

 

 

 

放牧デビューで脱走 & 通りすがりのお兄さんに助けてもらったヌーちゃんのこと。

ヌーの小移動
チェッ、もうちょっと移動したかったな。

 

 

放牧をしている牧場は、ウサギ家の牧場の近辺にはないので、普段 放牧のあれこれを話せる相手がいないのですが・・こういうドタバタって、放牧あるあるなんでしょうかね〜(笑)?

 

 

ヌーちゃんの話には、後日談がありまして・・

 

脱走をしたヌーちゃんは、謹慎処分をくらっておりましたが、しばらくすると 2度目のチャンスが与えられました。

 

そして、また脱走しました。

しかも 今度は

 

友達を連れて(笑)

 

つなぎ飼いの牛舎の中、ヌーちゃんの隣にはニコちゃんという、同期の友達がいます。「あいうえお順」で名前をつけているウサギ家牧場ですから、2頭は生まれた時期がほぼ同じ。子牛時代から同じ柵の中で 一緒に大きくなり、つなぎ飼いに移行した今でもずっと一緒なのです。

 

ニコちゃんは、ヌーちゃんの謹慎中も放牧されていましたが、特に問題もなくいい子でした。そこへ  仲良しヌーちゃんが放牧に戻ってきて・・

 

ヌー「ニコちゃん、ちょっとだけ外 遊びに行こうよ」

ニコ「でも ヌーちゃん、みんなと一緒にいる方がいいよ」

ヌー「すぐ戻ってこれば 大丈夫だって〜」

ニコ「でも〜・・」

 

(「ちびまる子ちゃん」の、まる子とたまちゃんを想像しています)

 

ヌー「あたしゃ、行ってくるよ〜」

ニコ「あ 待って、ヌーちゃん!」

 

 

今回の脱走は、メガネくん(主人)にすぐにつかまり、2頭とも牛舎へ戻されることに。でも、さすがは2度目!牛舎へ帰る要領を心得ているヌーちゃんは、自分で さっさと牛舎の方へ歩いていったそうです。

 

チェ〜ッ(by ヌー)

 

ニコちゃんは、次の日から放牧へ出されましたが、ヌーちゃんは 今シーズン中 放牧に出されることは とうとうありませんでした。放牧に出す・出さないの判断をしているお義父さんのOKが出なかったからです。仕方ない、フォローしようがないよ・・ヌーちゃん(笑)。

 

 

私個人的には、牛さんすべてが 放牧大好きー♪ではなく、外へ運動しに行くより、家(牛舎)でゆっくりしてる方が好き、という牛さんだっているはず、と思っています。ヌーちゃんだって 案外、冒険好きというよりは、落ち着く牛舎へ帰りたい、という気持ちから脱走していたのかもしれませんしね。

 

春になったら、また放牧が始まります。

来年は、どんなドラマがあるんでしょうね〜。

以上、今年の放牧の総まとめ でした。

コメント